JPHA 一般財団法人 日本公衆衛生協会

重点事業

月刊『公衆衛生情報』
公衆衛生の「現在」がわかる情報が満載!!
健康危機管理、感染症予防、健康寿命の延伸、世界の公衆衛生動向等、時代とともに進化しづつける公衆衛生を現場の関係者とともに共有、活用するための情報誌です。
〜新型コロナウイルス感染症に関する特集を連載中〜
2020年特集テーマ
 4月号 高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施
 5月号 新型コロナウイルス感染症
 6月号 母子保健と新型コロナウイルス感染症
 7月号 生活不活発病の予防対策
 8月号 保健所等への新型コロナウイルス感染症への対応(前編)
 9月号 保健所等への新型コロナウイルス感染症への対応(後編)

ご購入申し込みはこちら


新型コロナウイルス感染症等に係る対応人材(IHEAT: Infectious disease Health Emergency Assistance Team)研修用のe-learning教材資料(以下、「講義資料」という。)掲載のお知らせ

トピックス・お知らせ

2021.6.16

IHEAT名簿管理システム(IHEATシステム)利用に関してのお知らせ


IHEATユーザー(都道府県)利用規約メンバー(登録者)利用規約を掲載いたしました。
IHEATシステムをご利用される関係者の皆様は、内容をご確認ください。
2021.4.26

新型コロナウィルス感染症 感染拡大防止にともなう緊急事態宣言 実施期間中の「休業」について(お知らせ)


関係者各位
 新型コロナウィルス感染症にともなう緊急事態宣言期間中の4月30日(金)は、一斉休業といたすことになりました。
 業務開始日は、5月6日(木)からとなります。
 どうぞよろしくお願いいたします。
2021.4.16

健康危機管理支援部の設置について


当協会は、令和3年4月より厚生労働省から委託を受け「健康危機緊急時対応体制整備事業」を実施するにあたり、新たに「健康危機管理支援部」を設置いたしました。
本事業は、自然災害や感染症の拡大地域に健康危機が生じた際又は生じる恐れのある際に都道府県内の人材では対応が困難な場合に、他の都道府県からの健康危機管理支援チーム(DHEAT)や保健師等の応援派遣について、厚生労働省が実施する広域派遣調整業務の補助を行うほか、保健師等の活動を支援する体制として、都道府県単位で潜在保健師等を登録する人材バンク(IHEAT:Infectious disease Health Emergency Assistance Team)システムの開発及び運用・管理を行うとした健康危機管理に必要な人材の養成、有事の際に先遣隊の派遣を行うことを目的としています。


・健康危機緊急時対応体制整備事業(IHEAT事業)の詳細はこちら
2021.4.9

新型コロナウイルス感染症等に係る対応人材(IHEAT: Infectious disease Health Emergency Assistance Team)研修用のe-learning教材資料(以下、「講義資料」という。)掲載のお知らせ


講義資料一覧 [PDF:229KB]
・講義資料の詳細はこちら
※本協会HP上での講義資料には、小テストは掲載しておりません。
本協会HP上での講義資料を閲覧されましても、実際にIHEATに登録するための要件をみたすことにはなりません。

新着情報の一覧はこちら